DB

MySQL5.6から5.7へのアップグレード手順 (全文検索でngramを利用するために)

MySQLで全文検索機能を実装しようとした場合、MySQL5.6以上から日本語の全文検索に対応しています。しかしながら、MySQL5.6ではngram等のパーサに非対応で、FULLTEXTインデックスの利便性が悪いです。検索精度を向上させるためには、FULLTEXTインデックスを付与したカラムに自前で工夫したキーワードを登録する必要があります。 キーワード生成の自前作成をアプリ側でやろうとするとパフォーマンスも悪く、煩雑なデータ登録ロジックになるため、ngramのパーサに対応しているMySQL5.7へバージョンアップすることにしました。 基本的には古いmysqlのライブラリを削除して新しいライブラリをインストールすることでバージョンアップ可能なのですが、依存関係にあるpostfix、crontabも削除されてしまうため注意が必要です。

MariaDB(MySQL)におけるデータベースの作成とユーザ作成および権限付与について

MariaDBとMySQLは姉妹関係にあるRDBMSになります。どちらもアプリケーションで登録するデータを保存するために必要なソフトウェアです。 違いはMySQLをもとにパフォーマンス改善し、後発として誕生したものがMariaDBです。 MariaDBもしくはMySQLをインストールした後はデータベース(DB)の作成と、作成したDBを操作するためのユーザ作成が必要になります。自身でWebアプリケーションを構築する際やWordPress、DrupalといったCMSをインストール際にDBの構築作業は必要になります。 また、MariaDB(MySQL)はレンタルサーバでよく使われています。 レンタルサーバでは大抵管理メニューから簡単にDBの作成ができるようになっておりますが、管理メニュー等の便利機能に頼らずともデータベースの作成やユーザの作成ができるようにしておいたほうが吉です。