CentOS7にChromeをインストールする

Agenda
更新日時

 

CentOS7にChromeをインストールしようとした際にエラーとなり、インストールできなかなったので、インストールまでの流れをご紹介致します。


Chromeのダウンロード


GoogleからChromeをダウンロードします。CentOsの場合はredhat系なのでrpmパッケージを選択します。同意してインストールをクリックするとファイルをダウンロードできます。

https://www.google.co.jp/chrome/

chrome_download

 


rpmパッケージのインストール方法


ダウンロードしたパッケージをインストールします。端末を立ち上げて、ダウンロードしたファイルのディレクトリまで移動し、以下のコマンドを入力します。

$ cd ~/download/
$ sudo rpm -ivh google-chrome-stable_current_x86_64.rpm

そのままインストール成功せず、以下のようなエラーが生じた場合は、Chromeに必要なパッケージをインストールしてから再実行する必要があります。

警告: google-chrome-stable_current_x86_64.rpm: ヘッダー V4 DSA/SHA1 Signature、鍵 ID 7fac5991: NOKEY
エラー: 依存性の欠如:
   /usr/bin/lsb_release は google-chrome-stable-77.0.3865.90-1.x86_64 に必要とされています
   libXss.so.1()(64bit) は google-chrome-stable-77.0.3865.90-1.x86_64 に必要とされています
   libappindicator3.so.1()(64bit) は google-chrome-stable-77.0.3865.90-1.x86_64 に必要とされています
   liberation-fonts は google-chrome-stable-77.0.3865.90-1.x86_64 に必要とされています

 

パッケージをインストールするにはyumコマンドを利用するのですが、上記エラーで表示されたライブラリがどのパッケージに含まれているかを知る必要があります。

 

 


インストールしたいライブラリのパッケージ名を知る方法


yumでパッケージをインストールする際、パッケージ名を指定する必要があります。しかしながら、ライブラリがどのパッケージに含まれているかわからないことが多く、インストール作業もなめてかかると意外とドツボにはまります。

なので、yumでインストールできるパッケージのリストを表示するコマンド、およびライブラリがどのパッケージに含まれているかを検索するコマンドを知っておくと良いと思います。

【yumパッケージリスト表示】

# yum list

例えばphpに関連するパッケージのみを抽出したいときなど、結果を絞り込みする場合はgrepと組み合わせます。

# yum list | grep php

 

【特定ライブラリを含むyumパッケージリスト表示】

# yum provides リポジトリ名/ライブラリ名

例えば今回Chromeインストール時にエラーとなったlsb_releaseを探す場合は以下の通りです。基本的にすべての利用可能なリポジトリから探すので、『*/ライブラリ名』と入力することがほとんどです。

# yum provides */lsb_release

読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp-srv2.kddilabs.jp
 * epel: ftp.riken.jp
 * extras: ftp-srv2.kddilabs.jp
 * remi-safe: ftp.riken.jp
 * updates: ftp-srv2.kddilabs.jp

dkms-2.7.1-1.el7.noarch : Dynamic Kernel Module Support Framework
リポジトリー    : epel
一致     :
ファイル名  : /usr/lib/dkms/lsb_release

redhat-lsb-core-4.1-27.el7.centos.1.i686 : LSB Core module support
リポジトリー    : base
一致     :
ファイル名  : /usr/bin/lsb_release

redhat-lsb-core-4.1-27.el7.centos.1.x86_64 : LSB Core module support
リポジトリー    : base
一致     :
ファイル名  : /usr/bin/lsb_release

redhat-lsb-core-4.1-27.el7.centos.1.x86_64 : LSB Core module support
リポジトリー    : @base
一致     :
ファイル名  : /usr/bin/lsb_release

上記結果からdkmsまたはredhat-lsb-coreに含まれていることがわかります。baseリポジトリに存在しているのでbaseリポジトリのredhat-lsb-coreを利用しましょう。※ epelリポジトリは能動的にインストールしないとデフォルトではインストールされていない拡張リポジトリのため。

 


Chromeインストール時に発生した4つの足りないライブラリをインストールする


上記で紹介したライブラリがどのパッケージに含まれているかを検索するコマンド「yum provides」を利用すると、Chromeのインストールに必要なパッケージは以下のとおりです。

# yum -y install redhat-lsb-core libXScrnSaver libXScrnSaver-devel libappindicator-gtk3 libappindicator-gtk3-devel liberation-fonts-common liberation-fonts

上記をインストール後、再度Chromeのrpmパッケージをインストールすると、エラーにならずインストール成功するはずです。

以上

カテゴリ

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。