Linux、CentOS環境でyumを使ってソフトウェアをインストール、アンインストールしたり、インストール済みライブラリを調べたりする方法

Agenda
更新日時

 

CentOSで様々なパッケージライブラリをインストールする際にyumを利用します。

perl, php, mysql, postfix, python, java, httpd 等々ソフトウェア開発に必要なものも大抵はyumコマンドでインストール可能です。

開発環境を整えたり、ライブラリのバージョンアップを行ったりする際にyumは利用しますので、yumを利用する際に最低限知っておきたいコマンドを紹介致します。

 


yumのパッケージリストを表示する


 

# yum list

 

例えばphpに関連するパッケージのみを抽出したいときなど、結果を絞り込みする場合はgrepと組み合わせます。

# yum list | grep php

 

インストール済みのパッケージを表示する場合はinstalledを指定します。特定のパッケージに絞りたい場合は上記と同じくgrepと組み合わせます。

# yum list installed

 

また、特定ライブラリを含むyumパッケージリストを表示する場合はlistではなくprovidesを利用します。

# yum provides リポジトリ名/ライブラリ名

リポジトリ名はbaseやepelやremiなどですが、大抵はどこに含まれているか不明な状態で探すので、すべてを意味する「*」を指定します。

 


yumでパッケージをインストールする


 

# yum install パッケージ名

 

インストールする際にインストールするかどうか確認メッセージが表示されます。1つ1つ確認せず強制的にインストールする場合は-yオプションを指定します。

 

# yum -y install パッケージ名

 


yumでインストールしたパッケージをアンインストールする


 

# yum remove パッケージ名

 

アンインストールする際にアンインストールするかどうか確認メッセージが表示されます。1つ1つ確認せず強制的にアンインストールする場合は-yオプションを指定します。ただし、依存するパッケージも同時に削除されるため、-yを付ける場合はよくよく注意が必要です。

 

# yum -y remove パッケージ名

 


yumでインストール可能なパッケージ群を最新バージョンへ更新する。


 

# yum update

 

インストールやアンインストールと同じく確認せず強制的に更新するには-yオプションを指定します。

 

# yum -y update

 

関連記事
カテゴリ

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。